美の格言

大切なのはイメージ力

単に身体を動かしているだけ、化粧品を使っているだけでは不十分です。
美容の効果を上げるために最も大切なのは、イメージ力。「こんな風になりたい」と具体的に目標を持つことが、理想へ近づく一番の近道です。

自分を磨くと心に余裕ができる

セルフ美容で自分にしっかり手を掛け、愛情を注ぐと、自然と心に余裕が生まれます。
肌や身体が心地よいと感じることで、うれしさや幸福感に満たされます。
それによりすぐに子どもに怒ったり、夫へイライラすることもなくなり、家庭生活に自信が持てる。女性の美しさは家族の幸せにもつながります。

目標のない美容は意味がない

エステや化粧品、体操で思うように効果の上がらない人の失敗の多くは、目的を持っていないことです。成功哲学の理論は美容の世界でも全く同じ。
お金と時間をかけて努力するなら、まずは期日と目標を明確に定めましょう。

壁にぶつかったら自分と向き合う

最近では精神的や人間関係に悩む人が増えています。
そんな時、「これが嫌」「もうダメだ」ではなく、きちんと鏡を見て自分に向き合ってみてください。そしてこの世に生まれた意味を考え、感謝してみましょう。
この先どうなりたいのかを考えてみましょう。一つひとつを見直していくことで、あなた自身も大きく変わることができます。

自信がある人にはオーラがある

自分が信じられるようになると、オーラ“気”が出てきます。
逆に自信がないと、エネルギーがなくどこか暗い感じ。
生まれたばかりの赤ちゃんは元気いっぱいで、疑いのない純粋な“気”の塊ですよね。
大人も赤ちゃんのような“気”に戻すことで、いきいきと輝くことができます。

吉丸先生のお部屋へ戻る